2017年01月25日

荒木裕 糖尿病改善プログラム

家庭で出来る、血糖値やヘモグロビンA1cの数値が高い人にオススメの食事法。

絶対に食べてはいけないものまで、具体的に書いてあります。

【荒木式】糖尿病改善プログラム〜インスリンも薬もやめられた画期的な食事法〜




監修の荒木裕先生は大阪でクリニックの院長してます。



⇒ ⇒ 崇高クリニックの画期的な食事法〜


元ハーバード大学医学部助教授だった、生活習慣病の権威が自ら解説してる貴重なもの。
posted by ノンエゴイスト at 11:22| トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

ルナメア ルナメアAC 違い

私も娘もニキビに悩まされてます。

年頃の娘のニキビは分かるとして、まさか、親である私もニキビが出来るとは・・。



娘 → 思春期ニキビ
私 → 大人ニキビ


ということらしいです、ネットで調べてみると。

年末年始はもちろん、仕事始めからずっと忙しくて、やっとまともに休めた先日のは先日の日曜日のみ。
ま、今日は、振替休日なんですけどね。

母娘でニキビ対策ということで、娘には定番のコレ → プロアクティブ

送料無料で返金保証もあるので、いい機会かなあと。


私は同僚に勧められたルナメアシリーズ。
だけども「ルナメア」「ルナメアAC」とあるので、同僚にLINEで聞いてみました。

結論、大人ニキビにはルナメアACを選べと。
さすがは元美容部員の同僚、頼りになります。


ちなみに

●ルナメア・・・毛穴や肌のくすみのスキンケア 黄色パッケージ
●ルナメアAC・・・大人ニキビ専用 青色パッケージ

なのだそうです。
美容に対して勉強不足ですね、女子力が疑われるのも納得です。

ということで、公式通販のお試しセットも教えてもらいました。

ルナメアAC1週間お手入れキット



さあ、気合い入れてニキビケアです。
posted by ノンエゴイスト at 10:48| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

2017年に取っておくと武器になりそうな資格

通信教育のユーキャンがビジネスパーソンを対象に実施した「2017 年のトレンド予測と資格取得に関する意識調査」の結果が出ました。

1位・・・ファイナンシャルプランナー(FP)(32.1%)
2位・・・TOEIC(R)テスト(23.7%)
3位・・・社会保険労務士(18.0%)
4位・・・ケアマネジャー(介護支援専門員)(17.5%)
5位・・・宅建士(17.1%)


こちらは、採用担当者が採用時に重視している資格です。
就活生や転職狙う方の参考に。

1位・・・TOEIC(R)テスト(44.0%)
2位・・・ファイナンシャルプランナー(FP)(32.0%)
3位・・・宅建士(30.0%)
4位・・・社会保険労務士(26.7%)
5位・・・簿記(26.0%)


おすすめの資格は、個人的な経験からすると、FPと宅建士です。
試験の難易度や出題傾向、試験対策に最低費やす時間や費用などを含めて、取得しやすい資格の印象でした。

それと、この2つの資格は、独学でも合格の確率が高い資格なんです。
市販の参考書と問題集で、私は合格できました。

ただし、試験対策の時間に限りがある場合は、通信での勉強をおすすめします。
最短での合格への道のりも示されてますからコスパは最強です。

今は、こちらの口座のようにスマホ活用がカギです。

=>「FP 通勤講座」のキャンペーン情報や無料お試しはコチラ!


=>「宅建 通勤講座」のキャンペーン情報や無料お試しはコチラ!

通学は教室まで行く時間が勿体ないですし、受講料も割高。
他の受講生と仲良くなると、余計な付き合いが増えたりして、逆効果になるリスクがあります。

FPと宅建士は、狙い目の資格です。
ラベル:資格 宅建士 FP
posted by ノンエゴイスト at 11:26| Comment(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

あだち充 タッチ

あだち充の名作「タッチ」

主人公のひとり和也がストーリーの前半(コミック全26巻の7巻目に相当)で死亡するという衝撃的な展開が度肝を抜きましたが、このタイトルのタッチの意味って知ってます?

なんと「バトンタッチ」・・・。

しかも和也の死亡は、構想時にはあったらしい(汗)


名作を生む人は、やはり脳内が違いますね。

posted by ノンエゴイスト at 17:34| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

高嶋ちさ子のツイッター炎上を斬る

高嶋ちさ子さんのツイッター炎上騒動に、ちょっと興味を持ちました。

「高嶋ちさ子」と検索の入力部分に入れると、
高嶋ちさ子 夫
高嶋ちさ子 ツイッター
高嶋ちさ子 ブログ
高嶋ちさ子 嫌い
高嶋ちさ子 姉
高嶋ちさ子 バイオリン
高嶋ちさ子 ダウン症
高嶋ちさ子 旦那
高嶋ちさ子 性格
高嶋ちさ子 炎上
と検索の候補が出てきますが、なんだか、すごい・・・・。

炎上に至ったあらすじとしては、
子どもがゲームについて取り決めたルールを守らなかったから破壊した

というものですが、これが教育の観点から賛否両論、いや否の方が多いから炎上したようです。

うーん、あくまでも個人的な意見ですが、壊す必要性は無いと思ってます。
私も子持ちの身分なので、幾分は子育てについては経験してますけど、子どもは「ルールを破る」のではなくて「ルールを忘れる」事が往々にしてありますよね。

高嶋ちさ子さんと子どもさんの間で、どういうレベルのルール決めが約束されたのか、ルール破りが常習化していたのか等、そういう伏線と言いますか、流れやディテールは全くわからないのですが、気に入らないのは、
私が身を粉にして働いたお金で買ったのに…。涙

って、愚痴るぐらいなら与えるなというね。。

親が身を粉にして働いたとか、子どもは、自分が期待するほど理解してないものです。
言ったところで暖簾に腕押しですよ。
全ての子どもが理解できないわけではないかもですけど、理解したフリをしてる子どもはいると思います。

なぜか?

いい子でいようと思うから。
その逆は、怒られたくないから。

ともかく子どもって怒られたくないんですよ。
大人だって好き好んで怒られたい人なんて、そうそう居ないじゃないですか。

意外と子どもって、親がやったこと、覚えてるもんです。
もちろん、全てでは無いでしょうし、その子の性格にもよるでしょうが、結構、ショッキングな出来事は覚えてるもんです。

子どもさんが成人して、ママがルール破ったらバイオリン破壊するって、言われても仕方がない。
そういう教育したんですからねぇ。


これからも高嶋ちさ子さんは、子どもさんに対して、ルールを破った場合は破壊するという教育方針を貫くのであれば、それはそれでよろしいのではないでしょうか。
外野がとやかく言うことではありません。

それを続けていくと、積年の思いは、子どもさんには残るでしょうけどね。

その結果、どうなっても知ったこっちゃないです。
破壊は連鎖したり、破壊しか生まないもんです。


ただ、高嶋ちさ子さんは、
私が身を粉にして働いたお金で買ったのに…。涙

と言ってますが、任天堂というブランドを背負っている人にも、身を粉にして働いている人がいるということを認識すべきですね。

とかく何か才能に秀でた人は、大抵は自己中ですから、周りが見えなさすぎるのは弱点です。
超一流になると、気配りの鬼なんですけどね。

もうひとつ、葉加瀬太郎さんがおっしゃってたこと。
もし彼女の人間性に何か言いたいのなら、まず彼女の音楽を聴いてからにしなさい。

これは意味不明すぎますね。

しかも命令口調というところかせ、スゴイではないですか(汗)

才能のない、一芸に秀でていない人は、すぐに見下すという部分が垣間見えました。
表面上はニコニコしてても、腸では黒い人間なんてたくさんいますから、腹も立ちませんけどね。


個人的には、このネタは、高嶋ちさ子さんの人格や教育方針云々を凶弾するつもりは無くて、こういうことする人もいるんだなと世間を知る教材として見てます。
もちろん、葉加瀬太郎さんの擁護もです。

今後、高嶋ちさ子さんや葉加瀬太郎さんの音楽を聴いて、感動するかも知れないし。

人格と音楽は別問題として見ていくと思います。

posted by ノンエゴイスト at 15:23| Comment(0) | しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする